上演日程

劇団桟敷童子
「骨ノ憂鬱」

桟敷童子、彷徨える旅…

カンコロロ、カンコロロ
僕の骨が歌うんだ、
まだ生きていたいんだと…  

出演者: 板垣桃子 原口健太郎 稲葉能敬 鈴木めぐみ 川原洋子 山本あさみ もりちえ 大手忍 升田茂 柴田林太郎 三村晃弘 原田大二郎 斉藤とも子 中野英樹
スタッフ: 作:サジキドウジ 演出:東憲司 美術:塵芥 照明:Jimmy[㈱フリーウェイ] 照明操作:北澤由佳[㈱フリーウェイ] 作曲:川崎貴人 チラシ画:梶村ともみ チラシデザイン:山田武 舞台監督:原口健太郎
公演日程: 5月21日(火)/19:00(割)
5月22日(水)/19:00(割)
5月23日(木)/14:00(バ)
5月24日(金)/19:00
5月25日(土)/13:00 18:00(バ)
5月26日(日)/13:00(談)
5月27日(月)/14:00(バ)
5月28日(火)/14:00(談)
5月29日(水)/14:00 19:00
5月30日(木)/19:00
5月31日(金)/14:00(バ)
6月1日(土) /13:00 18:00
6月2日(日) /13:00
割=割引day バ=バックステージツアー 談=談話会
※開場は開演の30分前(受付開始は開演の1時間前)
※開演5分前を過ぎますと、キャンセル待ちのお客様を優先させていただきます
※開演時間を過ぎますと、ご入場になれない場合がございます
小学生未満のお子様のご入場をお断りする場合がございます
チケット: ○指定席
3,800円(一律)
○自由席
前売一般=3,500円 前売学割=3,300円 墨田区民割引=3,300円 当日=3,800円(一律)
○割引day
2,800円(一律)
お問い合わせ: 劇団桟敷童子事務所 ℡03-5637-8902

▶ 公演詳細

第2回Neutralization自主公演
「我らこの道に於いて後悔せず」
@すみだパークギャラリーささや

“井の中の蛙、大海を知らず。”

こう罵られている事を、

僕は深く理解している。

然れど、空の青さは知っていた。

加え、地の深さも知っている。

大きなタワーの麓で

空を見上げて今日も僕は…。


出演者: 野村采可 小林利那 忠地美緒 田花遥 角田ひかる 根岸早苗 松尾菜摘
青木奏 内堀愛菜 岸野奈央 下田恵 須賀絢子 曽根百花 高橋由衣 福島頌子 前田怜奈
スタッフ: 企画:Neutralization 作・演出:野村采可 演出・振付:Neutralization 舞台監督:井草佑一 照明:久津美太地 音響:相川貴 映像制作:株式会社BYNAZR 制作:アサノユーナ 宣伝美術:野手咲芳 写真:久我祐貴彦 撮影協力:千葉県館山市
公演日程: 5月24日(金)/19:30
5月25日(土)/14:30 18:30
5月26日(日)/13:00 17:00
チケット: S席=4,200円 ※お土産付き
A席=3,800円
B席=3,200円 ※演出の都合上、見えづらいシーンが出てきてしまいます。予めご了承ください。

劇集団光
「カンガルー」

出演者: 今井香澄(プロダクション・タンク) 柴田和宏 松永新 曾美有菜 島影昌幸(天下布舞) 宮崎好軌(ゆーりんプロ) 加藤友海 嶋田茜 武藤広岳 小島智(TIARA-FRONTIER) 竹内友浩 村瀬知之 小島比呂美 田中大輔 森陽子 小島有希子 中島章次(Jac in production) 横井友子(リベルタ) 佐藤美生(Jac in production) 中谷守男 吉武典輝(Jac in production)
スタッフ: 作:別役実 舞台監督:伊東龍彦 照明:早川和行 音響:福西理佳 演出:高村拓史 監修:根岸光太郎 制作:劇集団光 宣伝美術:小谷野美奈 協力:広瀬次郎 一期崎大輔 宣伝:小島智
公演日程: 6月7日(金)/18:30
6月8日(土)/13:00 18:30
6月9日(日)/13:00 17:00(この回のみ演劇集団根「授業」上演)
6月10日(月)/13:00 17:00
チケット: 当日=3,500円
前売=3,000円
学生=2,000円
お問い合わせ: WEB https://peraichi.com/landing_pages/view/gekisyudanhikari
Facabook https://www.facebook.com/gekisyudanhikari/
Twitter https://twitter.com/geki_hikari

ノックノックス
「人魚姫」

 むかしむかし、人と人魚はとても仲良く暮らしていました。しかしある日、人は大きな争いを起こし、大切な海をよごしてしまいました。それは海に住む人魚や魚たちだけでなく、森に住む動物たち、空を飛ぶ鳥たち、そして人間にとっても悲しい出来事でした。やがて海は死に、この世界の生き物はどんどん姿を消していきました。

 それからどれだけの時が流れたでしょう。数十年、いや数百年でしょうか。次第に生き物たちは生きる力を取り戻しはじめました。海は相変わらず誰も住むことのできない場所でしたが、人々は残った水を分け合い、動物や鳥たちと一緒に生きていく道を選びました。

 そんな時、ひとりの人魚が浜辺で見つかります。海が死んでしまったせいで、もうこの世界にはひとりも生きてはいないと思われていた人魚が生きていたのです。ですが悲しいことに、それが新たな争いを生む火種となってしまいました。

「人魚の涙は水を浄化する力があるそうだ」

「人魚には人の傷を癒す力があるらしい」

「ううむ、それは是非とも手に入れたいものだ」

「やや、ひとりじめはゆるさんぞ」

 人魚は争いのさなか、すっかり心を閉ざしてしまいました。この物語は、そんな人魚が次から次へと人手に渡り、とある村にやってくるところからはじまります。


出演者: 蓮城まこと きよこ 田野聖子 藤田奈那 菜那くらら※ヴォーカルとして参加 村上哲也(Theatre Ort) 小林至(Theatre Ort) 藤谷みき(青年団) 舘智子(タテヨコ企画) 八代進一(花組芝居) 田中英樹(テアトル・エコー) 木暮拓矢(流山児事務所) 林周一(風煉ダンス) 古澤光徳(ユニークポイント) 岩坪成美 下出宗次郎
-演奏-
坪光成樹(ギター/ベース) 角谷奈緒子(ビオラ) まぁびぃ(パーカッション)  大西香奈(グランドハープ)
スタッフ: 作・演出・作曲:ヤストミフルタ 音響:中村久志 照明:福田恒子 舞台監督:大友圭一郎 伊藤新 舞台美術:福島奈央花 ガーデニング:柵山直之 衣装:寺地和美 宣伝美術:新出睦(ememデザイン室) イラストレーション:松村真依子 映像:齋藤雄磨 制作:米田基(style office) 中井美帆 ムラタマリエ
公演日程: 6月21日(金)/19:00
6月22日(土)/13:00 18:00〇
6月23日(日)/13:00 18:00◎
6月24日(月)/19:00
6月25日(火)/19:00
6月26日(水)/14:00◎
6月27日(木)/19:00
6月28日(金)/14:00〇 19:00
6月29日(土)/13:00◎ 18:00〇
6月30日(日)/13:00
〇=終演後アフタートークあり
◎=終演後アフターライブあり
チケット: 一般 6500円
学生 4500円(中高生)
当日 7000円
(全席指定・税込)
小学生以下無料
※夜公演は未就学児入場不可
※3歳以下のお子様の入場不可

▶ 公演詳細

劇場概要

すみだパークスタジオ倉(そう)

客席数
167席
広さ
15.5m×15.6m=241.8㎡
高さ
梁上4.8m 梁下4.2m
シアターに隣接している
カフェスペースにて、軽食やお飲物を
お召し上がりいただけます。

お問い合わせ

お名前 (必須)

会社名/部署名

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

お問い合わせ内容

  • ささやカフェ
  • 劇団扉座
  • 劇団桟敷童子
  • 石山染交